【台風19号を通じて学んだこと】

2019/10/13 ブログ
台風19号

日本全国、特に関東甲信越地方の皆様におかれましては、いろいろ大変な思いもなさった方もいらっしゃったと思います。お怪我された方は早い回復をお祈りし、家屋破損や停電など、お住まいや地域で被災された皆様にはいち早くの復旧であるとともに、二次災害、三次災害に遭われないよう心よりお祈りいたします。

 

そして、皆様ご無事で何よりです。

 

私は、豊島区から1つの勤務先である新宿区へ、少しの移動ですが場所を避難?しました。

 

避難、というよりも臨時閉店中のお店を見守るため、という意味も含めてでしたが。

 

そして、今回の自然災害を通じて、気づいたことや学んだことをシェアします。

 

・自分の身は自分で守る。

・自然災害時のハザードマップを把握し、避難経路や避難先の優先順位を予め決めておく。

・自然現象に対して「祈る」。

 

自分の身の安全を守るためには、「暴風時の危険のリスク」と「豪雨時の危険のリスク」「土砂災害時のリスク」といったものを自分の今おかれている環境で、それぞれ予測しておくことです。

 

そして、最も安全な場所を選択し、そこで台風が通過するまでじっと身を守る。

 

私のいる飲食店は24時間365日営業しているので、臨時休業というのはほとんどなく、ある程度緊急時の対処方法を把握している私が、今回はひとりで、朝まで店番をさせていただくことになりました。

 

プルルルル。電話が鳴ります。

 

「あのー、私今日シフト入っているんですけども、電車がないので行けません。」

 

お店のことは大丈夫なので、あなた自身の安全を確保してくださいね、とお伝えしました。何人かこういう従業員の子はいましたが、ひとりだった私はどこか少し嬉しくも思いました。

 

「あの、今日は何時まで営業していますか?」というお電話もよく頂きました。

 

閉店しております。でも、常連のお客様なので、こういう電話も嬉しかったりします。「この状況でわかるでしょ?」とも思ったりします。

 

今回、風速が70m/sで過去最大級とのことでしたので、考え得るリスクとして

 

「飛来物で窓ガラスが割れた時は、ここに逃げよう。」と決めていたことです。とてつもない竜巻が渦巻いて、何かが起こった時の逃げ場所を決めていました。

 

★ここでの気づき

「飛来物に当たるとよくない」→「お店のものをきちんとしまおう、危ないものはとり去ろう」という当たり前の意識に切り替わった事です。

 

そして、ひとりで、自然現象を司る神々(風の神様はヴァーユ)に崇拝し、日々の感謝とともに、少しでも鎮まるよう祈りを捧げた次第です。『祈り』に効果があるかないかの議論は置いといて、結果、東京通過時には35m/sまで風速が下がった(最大級→強い台風まで下がった)ことと、飛来物による損傷など一切なかったことに救いを、感じました。

 

しかし、各地で河川の氾濫、そして土砂災害の速報が入り、心が痛くも感じました。

 

インドの哲学では、自然現象にはそれぞれ神様が司っており、その働きで世界が成り立っていることを再確認するために、地震や台風などの災害は「お知らせ」としてもたらされると学びます。

 

竜巻や強風が嫌いだからといって、空気を断つことはできません。空気がないと生物は呼吸ができません。地震が怖いからといって、大地の恵みである食物を取らない、なんてことはできません。

 

日々感謝を捧げ、そしてこのような自然災害を目の当たりにしたら、身体の安全は守りつつも「自然現象からのお知らせ」を受け取るようにします。

 

そして、台風が過ぎ去った後の晴れ晴れとした青空に「汚れを取り去ってくれてありがとう」と感謝します。この汚れというのは、「私の心の内に抱いた迷いや葛藤を取り除く」という感謝です。

 

こうして、私は

 

「台風を迎える前の心の準備」

「台風へ対しての祈り」

「台風の自然現象をみる」

「私の環境で大事に至らなかったことへの感謝」

「お店の周囲の(落ち葉やゴミなどの)後片付け」

 

以上の心の整理を行い、通常営業に戻すまでの作業を行います。

 

「お店の環境を戻す」こと、資材の確保はできていることに感謝。

あとは、「人=従業員とお客様」が戻ってきてくれること。

 

お客様がフライングでお店の前で待ってくれている。そして、交通網が徐々に復旧してきて徐々に従業員も集まってきてくれる。

 

元気に、「おはようございます!!」

 

「いやー、来てくれてありがとう!台風大丈夫だった?」

 

こんな会話で、来てくれたことにも、普段より一層感謝と喜びを感じる事ができた、1日でした。

 

まだまだ台風の爪痕は深く、2〜3日は予断を許さない地域があります。まだ取り残されている方のいち早くの救出、そして二次災害が起こらず状況が鎮まってくれることをお祈りするとともに、この一連の気づきをシェアさせていただきます。