我儘(ワガママ)に自分の人生を読み解こうとすると悪路に嵌る《東京・東池袋(大塚)・新宿・インド占星術》

2019/11/01 ブログ
ワガママ

【インド哲学・ヴェーダ哲学のエッセンスが詰まった当たる占い、インド占星術により、仕事・人間関係・ご家庭の不安を解消するカウンセリング・コンサルティング・コーチングを承っております】

 

私の思い通りに人生はうまく行きますか?」とクライアント(お客様)の多くは占い師に頼って来ます。

 

私の思い通りに人生がうまくいかないんです。私はなんて不幸なんでしょう…」と、クライアント(患者様)の多くはカウンセラーに頼って来ます。

 

どちらにも言えることですが、インドの哲学という眼鏡を通して見てみますと、

 

儘(まま)にならない目の前の世界をどうやって受け入れるか。これが幸せになるかならないかの思考の違いですよ。」と毎回お伝えしています。

 

また、インドの哲学でも、私の思考の世界と目の前の現実世界は、意識を通じてつながっている、という考え方がありますし、別の哲学・倫理においても「目の前の世界は私の写鏡である」と教えられています。

 

例えば、この動画のように…

 

儘にならないと思っているあなたの目の前の世界は、「我がものにしたい」思いが強く、相手を私の我儘に動かそうとしている心の反映が、そのように出ている。

 

諦める→相手に合わせる 努力をすることで、相手もあなたに合わせようとして来ます。結果、互いの妥協点を見つけて、新たな関係性が気付ける、そのような流れが作っていけるのです。

 

ひとりよりも二人、二人よりも多勢の繋がりを持つ方が、あなたの動かしたい方向に世界を動かせる、かもしれません。しかし、我がものに世界を支配しようとするのではなく、誰かが喜ぶ、みんなが喜ぶような行動を意識して洗濯していくことで、自然とその流れができるようになれば、あなたの周りにあなたを称える人々が集まってくるようになるでしょう。

 

あなたが合わせようとする人が振り向いてくれるか、別の人があなたのもとへ集まってくるかは、その時状況によって変わります。

 

大切なのは「あるがままを、バットで撃ち返さずに一旦受ける。

 

今訪れている状況は、あなたにとって必要なこと。その状況をどう理解するかで、人生の良し悪しが変わって来ます。

 

哲学的な側面を含めて、インド占星術を通じてアドバイスを行なっております。お気軽に、お問い合わせくださいませ。